ゴルフクラブ

ゴルフクラブ

最大 14 本までしか使用できず、ゴルフバックの中に入れれません。クラブの種類には、ウッド、アイアン、ウェッジ、パターなどがあり、それぞれ距離や打球の軌道などが変わってきます。通常のセッティングではウッドが3本、アイアンが10本、パターが1本ですが組み合わせは自由です。


 ドライバー(1番ウッド)
最も飛距離が出るクラブです。ティーアップして打ちます。シャフトが長くコントロールの最も難しいクラブとされています。昔はウッド(木)でしたが最近ではクラブヘッド素材も変わってきておりメタルやチタンと変わってきました。

 フェアウェイウッド(3番ウッド〜)
名前のとおり、フェアウェイ(地面上)から打つためのクラブです。主に距離を残した2打目に使用します。アイアンよりも比較的楽に飛距離がでます。球が上りやすく、飛距離が出るのに球が止まりやすい理由で、使用する人が多いです。

 ユーティリティ
ユーティリティはアイアンとウッドの中間的なクラブです。形状がアイアンに近いユーティリティをユーティリティアイアン。形状がウッドに近いユーティリティをユーティリティウッドと呼ぶ場合もあります。重心深度が深いので、アイアンよりは ボールが高く上がるという特徴があります。またスライスしにくいのも好まれる理由です。

 アイアン
グリーンを狙うときに使うクラブです。1番アイアンから9番アイアンまであり、番手が大きくなるほど打つのが難しく、パワーがないと球が上がりません。例えば3番アイアンと9番アイアンでは3番のほうが良く飛びます。ただアイアンはグリーンを「狙う」クラブなので飛距離はそれほど必要ないとおもいます。9番アイアンになるにつれ飛距離がなくなり、その分上に高くあがります。

 ウェッジ
グリーンへの距離が近くなり、アプローチを行うときに使います。正確に方向と距離をとらえます。またバンカーなどでも利用します。
ウェッジには3種類あり、PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、SW(サンドウェッジ)があります。通常はサンドウェッジを使用するが、バンカーではSWを、アプローチにはAWを使うというように使い分けをします。

 パター
グリーンでボールをカップに入れるために使います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。