辻村明須香 トーナメント

辻村明須香はトーナメントで生き残れるか?

辻村明須香選手はシード権を持ってないトーナメントプロです。
シード権を持つためには賞金ランキング50位以内に入らないといけないのですが、プロゴルファーは毎年増えているので、ライバルはどんどん増えてきます。辻村明須香選手がトーナメントで生き残るためには、ビジュアル系で注目されているだけではダメで、さらにトレーニングをし、まずはシード権を獲得することです。

ただし、シード権は1年限り有効な権利なので、毎年トーナメントで安定した成績を収めることが必要になります。シードを争うようなトーナメントプロはみんな一流のゴルファーたちばかり。その中で辻村明須香選手がシード権を維持していくには「ドライバーの飛距離がずば抜けている」だとか「アイアンショットが最高」とか「とにかくアプローチがすごい」「パッティングが絶妙」といった特徴がひつようです。
しかし、辻村明須香選手のドライバー飛距離は、他の選手と比較しても見劣りします。中江プロの元、筋力トレーニングを行い飛距離アップはしてきましたが、それでもまだトーナメントプロの中では飛ばない方です。これ以上飛距離をのばすのは難しいかと思います。そうなれば辻村明須香選手が生き残っていく方法はアプローチとパットを徹底的に磨くことでしょう。

辻村明須香 トーナメント

辻村明須香のようなトーナメントプロになるには?

辻村明須香選手のようなトーナメントプロになりたいと思っている女性ゴルファーが最近増えています。きれいで、強くてかっこいい。そのような姿に憧れプロゴルファーを目指す人も多いと思います。しかし、そう簡単にはトーナメントプロにはなることはできません。

辻村明須香選手は難関のプロテストを受験して見事に合格し、トーナメントプロになれたのですが、実はゴルフのプロになるのはとても簡単です。「私はプロゴルファーです。」と宣言するだけで、誰でもすぐプロゴルファーになれるのです。ただ、アマチュアの大会には出られなくなりますが、プロゴルファーにはなれるというわけです。

ただ、プロゴルファーにはなっても、トーナメントに出場することはできません。トーナメントに出場するためにはかなり厳しい条件があり、ゴルフの実力が備わってなければ永遠にトーナメントに出場すること不可能です。

ハニカミ王子で一躍有名になった石川遼プロは、アマチュアでありながらプロの大会で優勝したため、プロ宣言するだけでシード権を得ることができました。しかし、普通はそうはいかないでしょう。
最近は幼少期からゴルフを習わせる親が増えてきましたので、将来はトーナメントプロへのデビューももっと若い年代がふえてくるかもしれません。

辻村明須香 トーナメント

辻村明須香のトーナメント成績

辻村明須香選手の女子プロトーナメントでの過去最高の成績は、2007年の開幕戦ダイキンオーキッドレディースで2位になったことです。
辻村明須香選手はシード権をもっていません。もし、この開幕戦で優勝していれば少なくとも1年間はシードがもらえていたのだが、プレーオフで負けてしまい、残念ながらチャンスを逃してしまった。あと少しだったために辻村明須香選手自身そうとう悔しかったと思います。結局、この年はその後のトーナメントもあまり出場することはできず、賞金ランキングでは50位以内に入れなかった為、シード権は獲得ですることがきませんでした。

2007年はあと一歩というところで終えましたが、2008年の辻村明日香選手はどうかと言うと、トーナメント出場権を争う予選会での成績で11位となり、見事ほとんどのトーナメントには出場できるようになりました。今までは、主催者サイドの推薦枠を利用して年間数試合しか出場できていませんでしたが、それではなかなかトーナメントプロとしては結果が残せません。しかし、毎試合出場できるようになればチャンスは十分に出てくるはずです。
まだ予選落ちの多い辻村明須香選手です。まず、予選を確実に通過しトーナメントに出場する回数を増やす必要があるでしょう。そして出場したトーナメントのうち何試合かでも上位に食い込むようになってくれば、念願のトーナメントシード権を獲得することも夢ではありません。
辻村明須香選手のようなビジュアル系プロゴルファーが毎回試合にでて活躍するようになってくれば、女子ゴルファーへの人気もさらに高まってくるでしょう。もっともっと女子ゴルフ界が華やかになりますね。

辻村明須香 トーナメント

辻村明須香はトーナメントの華になる

辻村明須香選手はビジュアル系美人女子プロゴルファーとして人気があります。その人気はグラビアやカレンダーになるほどです。女子ゴルフ界は今でこそ宮里藍や横峰さくらなどが出てきたことによって、大変人気がありますが、それ以前は人気が低迷していた時期がありました。
女性らしさよりも強さが目立ち、テレビ的に受けの良い女子プロが少なかったからです。見た目が目体育会系ばかりで女子特有の華やかさがあまりなく視聴率も悪く、スポンサー離れていったため、トーナメント数や賞金額が減少していました。
そこに可愛らしくて強い女子高生プロ宮里藍が登場し、一気に女子プロゴルフブームがやってきたのです。メディアでもよく取り上げられ、CMなどにも登場し、人気は一気に過熱していきました。

それ以降はビジュアル系といわれる若手美女ゴルファーに注目があつまりましたが、「プロゴルフ界の中ではきれい・・・・」という程度の選手が多い中で、辻村明須香は正統派の美人という評判になっています。ゴルフ界以外でも充分通用し、グラビアやカレンダーができるぐらいの評判になっています。

辻村明須香選手のような美人ゴルファーがトーナメントで活躍し、テレビなどで放送されることによって、より一層日本の女子プロゴルフ界は人気が高まっていきます。スポンサーも増え、トーナメント、賞金額も増えていくでしょう。
そうなれば女子プロゴルファーになろうとする子供たちが増え、日本のレベルも上がってくるというわけです。それにあわせてゴルフスクールなども増えてきて経済も活性化していきます。

辻村明須香選手はトーナメントの華になれるようなスター性のある選手です。今は少し実力が不足していますが、もっと練習して名実共にトッププロとなって女子ゴルフ界を牽引して欲しいと思います。

辻村明須香 トーナメント

辻村明須香のトーナメント出場権

辻村明須香選手は日本女子プロゴルフ協会に所属するトーナメントプロです。このトーナメントですがだれでも参加できるわけではありません。プロのゴルフトーナメントへ出場するためには、まずプロテストを受ける通過する必要があります。このプロテストは非常に難関で、毎年プロになれるのは20名程度です。その狭き門をとおりぬけても、すぐにはトーナメントへ出場できるというわけではありません。
トーナメントに出場するにはいくつかの条件があります。
まず、一つがトーナメントへのシード権を獲得すること。シード権を持っているプロはトーナメントへの参加が可能です。では、どうやったらシード権を獲得できるかというと、前年の賞金額で上位50名のプロに1年間の出場権が与えられます。
また、「6年連続」で日本女子ゴルフツアーの賞金女王になった不動裕理プロの場合は例外で、不動裕理プロには永久シード権が与えられており、毎回トーナメントへの参加が可能です。つまり不動裕理プロを含めて合計51名のプロが現在シード権を持っていることになります。

それでは辻村明須香選手のようにシード権を持っていない選手達は、どうやったらトーナメントに出場できるのかというと、それにはいくつかの方法があります。
まず予選会というものがあります。予選会の順位によってトーナメントへ出場することができる場合があります。例えばシード選手以外に20名出場枠があるトーナメントの場合は、予選会の順位で上位20位まで参加可能といったぐあいです。
その他ではトーナメント主催者やスポンサー企業からの推薦枠があったり、大会の前の月曜日にマンデートーナメントという予選会があったりします。
辻村明須香選手も徐々に成績が上がってきており、シード権を狙えるほどになってきているので来年こそは是非、シード権を獲得してもらいたいですね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。